ふくらはぎを細くする方法!【魔女たちの22時】下半身痩せの方法と根拠とは?

魔女たちの22時では、様々な方法でダイエットに成功した美魔女が登場しますよね!

実際に痩せた下半身を細くする方法は、どのようなやり方で、成功した根拠は何なのでしょうか?

方法と理由を知ることで、ふくらはぎを細くするための効果的な行動がわかります。

スポンサードリンク



1.美魔女たちがダイエットに成功した方法

42-2%e9%ad%94%e5%a5%b3%e3%81%9f%e3%81%a1

①エクササイズダイエット宮下英子さん(27才)

体重:70kg→50kg=マイナス20kg!

身長:168cm→172cm(O脚と姿勢の改善)

太ももサイズ:63cm→45cm=マイナス18cm!

ヒップサイズ:110cm→90cm=マイナス20cm!

 

ダイエットに成功した方法

下半身エクササイズ①:毎日気づいたら片足20秒ずつ行う

  1. 片足を前に出し、かかとを地面につける
  2. 足首を曲げたまま、足を後ろに引く
  3. 足を斜め後ろ(内側)に引くのがポイント

 

細くなる要因

  • 後ろに引くことで、太ももの裏側を鍛えられる
  • 『ひねり』を加えることで、太ももの内側、体幹、下肢など、下半身全てを同時に鍛えられる

 

下半身エクササイズ②:毎日座っているときいつでも行う

  1. 電話帳(厚さと重さが重要)をヒザの間に挟む
  2. 太ももの内側を意識するのがポイント

 

細くなる要因

  • 下半身全体を鍛えることができる

 

『ゾウ』と呼ばれるほど、下半身だけが異常に太く、胸が小さいコンプレックスがあったため、下半身だけを痩せる方法を探して、2つの方法を思いついて毎日続けたことで、結果として胸はサイズアップして、下半身はショートパンツを履けるほど痩せることができ、頑張った記念に『ミス日本』に応募して出場したところ、準ミス日本に輝いたのです!

 

②さかさまダイエット段本珠希さん(31才)

体重:78kg→48kg=マイナス30kg!

身長:158cm

 

ダイエットに成功した方法:毎日1分行う

  1. 逆立ちをする

 

細くなる要因

  • 重力で下がった内臓の位置を正しい位置に戻すことで、基礎代謝と内臓機能を向上させる
  • 逆さまになることで、血流が良くなり、むくみにくく、痩せやすい体質になる可能性がある

 

小さい頃から飛騨牛をたくさん食べて育ち、好きな人に『だるま』と呼ばれるほどの体型を、逆立ちと食事制限のダイエットによって成功させました。

 

③寝っころがりダイエット大西仁美さん(37才)

体重:マイナス30kg!

ダイエットに成功した方法:毎日10分行う

  1. ポール(ストレッチポールなど)に寝ころんで、背中の肩甲骨周りをポールに当てて、腕や脚を軽く開いたり閉じたりする
  2. 肩甲骨周りを浮かせて大きく動かすことがポイント

 

細くなる要因

  • 『褐色脂肪細胞』を刺激したことで、痩せやすい体質になり、ジョギングなどの効果が高まる
  • リンパの流れがよくなり、むくみ解消になる

 

オーストラリアへのホームステイ先で、ステーキやハンバーガーなど高カロリーな食事をたくさん食べたことで、半年の間に体重が20kg増え、弟に『ボンレスハム』と言われてダイエットを決心!

褐色脂肪細胞の刺激と、ジョギングや食事制限によって、マイナス30kgのダイエットに成功しました。

 

2.ふくらはぎが太くなる原因

むくみ太りの原因

  • 血液やリンパ液の循環不良により、水分や老廃物が溜まっている状態
  • 足の筋肉不足や運動不足により、下肢からの血液が心臓へ戻らない状態

解消法

  • 血行不良、リンパの滞りを改善して、水分や老廃物を流す
  • 筋力アップや運動によって、下肢の筋肉を動かして体液の循環を促す
  • 塩分の多い食事を控える

 

脂肪太り・筋肉太りの原因

  • 摂取カロリーオーバーと運動不足により、脂肪が溜まっている状態
  • 筋肉の間に脂肪が溜まっている状態

解消法

  • 摂取カロリーをコントロールする
  • 体脂肪を燃やす有酸素運動をする

 

筋肥大太り

  • スリッパやサイズの合わない靴、O脚、痛みや変形など体のゆがみ、過体重により、すねやふくらはぎの筋肉が発達した状態
  • ふくらはぎを無酸素運動で鍛え、筋肉が肥大して太くなっている状態

解消法

  • O脚や外反母趾などの変形や痛みを治す
  • ふくらはぎの筋肉の使用や負担を減らす
  • 適正体重を維持する

スポンサードリンク



3.美魔女が本当に痩せた理由とは?

美魔女たちがダイエットに成功した要因

  • ほぼ毎日続けたこと
  • 筋肉を鍛えて、筋肉量を増やしたこと
  • 内臓の位置を正して、機能を高めたこと
  • 食事制限で摂取カロリーをコントロールしたこと
  • ジョギング(有酸素運動)で脂肪を燃焼させたこと
  • 褐色脂肪細胞を刺激したこと

 

続ける

魔女たちの22時』で放送された、美女3人が共通して行ったことは『続けた』ことです。

自分の生活や、性格、悩みに合わせた方法を取り入れたことにより、ストレスが少なく継続することができるため、減量やスタイルの維持につながります。

 

筋肉を鍛える

エクササイズや逆立ちによって、普段使われない筋肉を使います。

筋肉を使うことでエネルギーを消費したり、筋肉量が増え、質も高まることで、基礎代謝が高まります。

特に、下半身は太ももなどの大きな筋肉があり、その筋肉を鍛えることが、太りにくく、痩せやすい体質をつくるために必要不可欠なのです。

 

前側の太ももよりも、衰えやすい太ももの内側や後ろ、お尻の筋肉を鍛えることで、筋力を増やして基礎代謝量を増やすことができます。

 

内臓機能を高める

重力によって、内臓が下がることで本来の機能を損ない、代謝が悪くなっている可能性があります。

内臓は栄養の消化・吸収を行い、常に体のエネルギーを使っているため、その機能を高めることで、基礎代謝量が増えエネルギーを消費しやすく、便秘解消により老廃物の排出が促されて痩せやすくなります。

 

食事制限をする

食事は、筋肉や骨などをつくり、生命活動を維持するために必要です。

そのため、食事量を減らすだけのダイエット方法では、筋肉量を減らし、かえって太りやすい体質をつくってしまうことになります。

 

糖質や脂質の食事制限ではなく、筋肉や体をつくる栄養素の摂取や摂取カロリーをコントロールするように意識して食事をしましょう。

 

ジョギング(有酸素運動)をする

ジョギングは、お腹まわりの内臓脂肪や、ふくらはぎや太ももなどの皮下脂肪を燃やす効率の良い有酸素運動です。

 

ジョギングは運動強度が高く、短時間で多くの脂肪を燃焼させることができますが、ウォーキング、水泳、踏み台昇降、エアロバイクなど、『続けられる』運動をみつけることで脂肪をなくし、筋肉が上がり、美しい体型をつくることができます。

 

褐色脂肪細胞を刺激する

脂肪細胞には、2つの種類があり、エネルギーを蓄える『白色脂肪細胞』と、人間の体温を保持するために熱を出してエネルギーを消費する『褐色脂肪細胞』があります。

どちらの細胞も体にとっては必要な細胞なのですが、『褐色脂肪細胞』を刺激し、活性化させることによって『脂肪が燃焼されやすい体』になります。

 

【褐色細胞がある部位】

  • 肩甲骨のまわり
  • 脇の下
  • 首の後ろなど

冷やしたり、動かすことで活性化され、身体の基礎代謝量や脂肪燃焼率が高まる効果があります。

 

このように、美魔女たちが下半身ダイエットに成功したことにはきちんと理由があるのです。

ただやみくもに、食事量を減らしたり、運動強度の弱いストレッチやゆったりとしたヨガ、マッサージを長々と続けていても、脂肪は燃焼されることなく、太りやすい体をつくっていることになります。

 

大切なことは、下半身の筋肉を鍛え、脂肪を燃焼させ、内臓機能を高めて、必要な栄養を摂り、痩せる脂肪細胞を刺激して、続けることです。

 

4.脂肪細胞とは?

白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞

脂肪細胞とは、『脂肪を貯蔵する細胞』です。

ヒトを含む哺乳類には、2種類の脂肪細胞があり、他の細胞とは異なる点は脂肪を蓄える小器官である『油滴』を持っていることです。

 

白色細胞組織(WAT)

  • 油滴の大きさがBATよりも大きいく1つの細胞に1つある
  • 多量に脂肪を蓄え、運動に必要なエネルギーを供給する
  • ほぼ全身にあり、特に腹部・大腿部の皮下・内臓のまわりに多くある

 

褐色脂肪細胞組織(BAT)

  • 1つ1つの油滴は小さく、細胞内に点在している
  • 一定量の脂肪を蓄え、体温保持に必要な熱エネルギーを供給する
  • 肩甲骨まわり・腋窩部(えきかぶ)だけに少量ある
  • 成人すると減少する

 

脂肪細胞は増殖する

  1. 脂肪芽細胞(脂肪細胞になる形質をもった未分化の細胞)
  2. 前駆脂肪細胞(脂肪細胞に分化していく直前の細胞)
  3. 脂肪細胞
  4. 成熟脂肪細胞

 

成熟脂肪細胞が増殖することはありませんが、脂肪芽細胞が生成され、増殖することで、脂肪細胞が増えていきます。

『糖質や脂肪分などの体脂肪になる栄養素を摂取し続ける』、『脂肪を燃焼させる運動が不足する』ことで、体脂肪が増えるのです。

 

5.まとめ

テレビでは、さまざまな痩せる方法を放送しています。

見ている人にも、痩せる可能性や喜びを伝え、チャレンジをするきっかけになりますよね!

しかし、成功者の行動の一部だけに注目して番組を構成していることもあるので、本当に脂肪を燃焼させる効果がなかったり、将来的に太りやすい体質にしてしまう可能性もあります。

美容と健康を手に入れる体質のつくり方を知らないと、頑張った時間を無駄にしてしまうことになるのです。

 

減量の基本は、摂取カロリーのコントロール、有酸素運動、筋トレの3つです。

成功者のさまざまな、下半身やふくらはぎを細くする方法を参考にして、続けられる方法を見つけましょう♪

 

⬇こちらの記事もご覧ください

[血行不良を改善する【着圧ソックスの仕組み】とは?靴下の締め付けは末梢血管を減らす]

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です