【リンパ浮腫のリハビリテーション】とは?下肢のむくみへのアプローチ方法

リハビリとは、「リハビリテーション」の略称で、機能の回復訓練だけでなく、人間らしく・自分らしく生きるために主体性、自立性を向上させるなどの広い意味を持っています。

下肢のリンパ浮腫に対する理学療法の4つの基本があり、挙上(腕や脚を上にあげること)、深呼吸も有効です。

心への負担によって悪化することもあるため、リラックス・リフレッシュしながら、できることを継続して行ないましょう。

スポンサードリンク



1.リンパ浮腫へのリハビリテーション

保存的治療の中心である複合的理学療法の4つの基本

  1. スキンケア
  2. リンパドレナージ
  3. 圧迫療法
  4. 圧迫したうえでの運動療法

 

①スキンケア

リンパ浮腫などでむくみの出た手足は、細菌に感染しやすく、ケガも治りにくい状態です。

 

転倒の予防や、先の尖った道具を使わないなど、ケガを予防することが大切です。

乾燥し、ひび割れが起こりやすいため、刺激の少ないノンアルコールのクリームで保湿をします。

皮膚が硬くなってひび割れしている場合は、尿素系(ケラチナミン・ウレパールなど)の軟膏により皮膚を柔らかくすることも大切です。

 

②リンパドレナージ

手のひら全体を皮膚に当て、皮膚をずらすように動かします。

むくみのある部位だけでなく、全身のリンパをマッサージによって流して排出することでむくみを改善します。

 

③圧迫療法

圧迫することで、「重力の影響を軽くする」、「毛細血管からの漏れ出しを防ぐ」、「リンパ管の弁機能が改善される」、「筋肉ポンプが効果的に活用される」などの効果があります。

包帯や着衣での圧迫方法があり、それぞれのむくみの状態などに合わせたサイズ、形、圧迫力で行なうとことが重要です。

 

④圧迫したうえでの運動療法

皮膚表面から皮下組織を十分に圧迫したうえで筋肉運動を行なうと、治療効果がさらに上がります。

患肢の安静と挙上、深呼吸をする、足首や手首の関節を動かす、膝を曲げ伸ばす、手でボールを握りしめる、肩を上げ下げするなど、筋肉や関節をゆっくりと動かすようにします。

 

2.リハビリ/リハビリテーションとは?

リハビリテーションの理念

①リハビリテーションは、単に運動機能障害の機能回復訓練の分野をいうのではなく、障害があるがゆえに、人間的生活条件から疎外されている者の全人的復権を目指す技術および社会的、政策的対応の総合的な体系であると理解すべきである。

②リハビリテーションの理念の根底にあるものは、障害のある人であっても一人の人間として、その人格の尊厳性をもつ存在であり、その自立は社会全体の発展に寄与する物である。

③リハビリテーションの基調は、障害のある人々の主体性、自立性、自由を言った人間本来の生き方であって、そのゴールは経済的自立を超えた広い考え方に基づいている。

1982年身体障害者福祉審議会の答申より

 

リハビリテーションの定義

能力障害あるいは社会的不利を起こす諸条件の悪影響を減少させ、障害者の社会統合を実現さすることをめざすあらゆる措置を含むものである。

リハビリテーションは障害者を訓練してその環境に適応させるだけでなく、障害者の直接的環境及び社会全体に介入して彼らの社会統合を容易にすることを目的とする。

そして、障害者自身、家族、彼らが住んでいる地域社会が、リハビリテーションに関係するサービスの計画や実行に関わり合わなければならない。

1983年WHO(世界保健機構)による定義より

 

機能障害を伴う疾患の経過とリハビリテーション

急性期

  • 救急病院や大学病院にて治療を行ない、救命・全身管理を必要とする時期
  • 後の機能障害を少しでも軽減し、一日も早くリハビリを開始できるよう治療に専念すべきとき

 

回復期

  • 急性期での治療が一段落し、全身状態が安定に向かっている時期
  • 回復能力の高いこの時期に集中的なリハビリを行なうことで、より大きな成果を得ることができる

 

生活期

  • 回復期を経た後、機能障害の症状が安定し、在宅にて生活をしている時期
  • 生活期でも、適切な指導のもと、正しいリハビリを継続することで穏やかな改善が期待できる

 

スポンサードリンク



3.リハビリテーションの仕事分野とは?

リハビリの4つの領域

医学的リハビリテーション

  • 病院などの医療機関で医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門職がチームとして実施する
  • 機能の維持、回復や代償能力、残存能力の拡大・強化・開発を目的とする
  • 予防的アプローチについても大きな比重を占める

 

職業的リハビリテーション

  • 職業訓練校や地域障害者職業センターなどで職業指導、訓練、適職への就職など、雇用の確保と継続が出来るように支援する
  • 職業評価、職業指導、職業訓練、職業紹介、保護雇用、フォローアップの6つの過程が含まれる

 

教育的リハビリテーション

  • 養護学校、特殊学級及び肢体不自由施設などで年齢階層を問わず、障害児・障害者の、身体、精神両面の自立を目指して行われる教育的支援
  • 学校教育だけでなく、家族を含めた心理教育なども含まれる

 

社会的リハビリテーション

  • ケースワークや在宅援助などにより社会生活や家庭生活への適応をはかる
  • 社会生活力(地域社会的の中で、自分のニーズを満たし、豊かに社会参加する権利を実現する能力)を高めることを目的とするもの

 

4.リハビリに関わる人・仕事と治療法の種類とは?

リハビリに関わる人・仕事

  • 患者自身
  • 家族
  • 医師
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 栄養士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 視能訓練士
  • 心理士
  • 社会福祉士
  • ホームヘルパー
  • 介護福祉士
  • ケアマネージャー
  • 地域社会 など

 

治療法の種類

理学療法

  • 病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法

【運動療法・治療体操・機能訓練】

  • 身体の全体または一部を動かすことで症状の軽減や機能の回復を目指す
  • 症状の予防をする

 

【物理療法】

  • 電気、熱、光線、エックス線、ラジウムなどの物理的エネルギーを応用した医療方法

 

作業療法

  • 主に巧緻性(手先の器用さや度合いのなど)、機能的作業療法、ADL(日常生活動作)、上肢の運動機能、高次脳機能の向上目的とした治療法
  • 日常の基本的な生活(着替え、食事、入浴、トイレなど)日常生活活動を改善するための指導・訓練を行ない、在宅への復帰を目指す

 

言語聴覚療法/言語療法

  • 発声発語機能、言語機能、聴覚機能、高次脳機能、摂食・嚥下機能など、主としてコミニュケーション機能に障害のある場合に機能の獲得や維持・向上を図り、生活の質の向上を目的とする
  • 円滑なコミュニケーションがとれることを目指す

 

5.まとめ

下肢のリンパ浮腫には①スキンケア、②リンパドレナージ、③圧迫療法、④圧迫したうえでの運動療法の理学療法の4つの基本を行ないます。

挙上(腕や脚を上にあげること)で重力によって下がりやすい水分を、身体の末端から中心へ戻すことで1日のむくみをこまめに解消すること、深呼吸で体液の循環を促したりリラックスすることも大切です。

 

患者自身や家族、医師、看護師、薬剤師、栄養士、療法士などリハビリに関わる人の意見や知識をもとに話し合いをすること、患者さん一人一人の生活スタイルや機能の程度に合わせた目標や計画を立てることが大切です。

心の負担、皮膚の負担を減らし、筋肉への過度な負担も控えましょう。

 

↓こちらの記事もご覧ください

[【下肢の測定部位の目安】とは?リンパ浮腫の複合的理学療法4つの基本]

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です