【下肢の浮腫改善に効果的な足浴の方法】とは?

足浴は、「足を清潔にする」、「足の疲れを和らげる」、「足先の血流を改善して全身の血行を良くする」、「むくみやだるさを軽減する」、「リラックスや安眠快眠ができる」などの効果があります。

アロマオイルやマッサージを取り入れるなど、楽しみながら浮腫を軽減しましょう。

スポンサードリンク



1.下肢の浮腫改善に効果的な足浴の方法とは?

足浴の手順

足浴の前にしておくこと

  • 事前に医師や看護師に注意点を確認しておく
  • 被介護者の同意を得る
  • トイレを済ます

 

足浴する環境を整える

  • 室温を適温(22℃~24℃)に設定する
  • 必要に応じて、窓やカーテンを閉める
  • 濡れて困るものを移動する

 

足浴のときに準備するもの

  • お湯の入ったバケツ、または洗面器
  • 汚れたお湯を入れる(汚水用)バケツ
  • 石けん
  • ガーゼ、柔らかいタオルやスポンジ
  • 防水シート
  • 新聞紙
  • かけ湯用のペットボトル
  • 差し湯用のペットボトル
  • クッション
  • ひざ掛け、またはバスタオル
  • タオル2枚
  • 保湿クリーム
  • 爪切り など

 

被介護者の体位を整える

  • 上半身を起こせる場合は、ベッドに腰掛け、足底部が床につくようにベッドの高さを合わせる
  • 上半身を起こすことができない場合は、ベッドに横になったまま膝を曲げ、膝の下に枕やクッションをいれて体の安定を確保し、足元に防水シートを敷いてから、お湯の入ったバケツまたは洗面器を置く
  • 衣類が濡れないように衣服をめくる
  • 体が冷えないように、ひざ掛けやバスタオルで保温する

 

足浴の方法(15分程度を目安に手早く行う)

  • 床に新聞紙を敷き、その上に汚水用バケツを置く
  • 被介護者の体位を整える
  • 適温(39℃~42℃)のお湯を準備し、手でお湯の温度を確認する
  • 被介護者の足にお湯をかけて、お湯の温度を確認し、さし湯や水で湯温を調整する
  • 片足ずつゆっくりと浸水する
  • 石けんをよく泡立てて、ガーゼや柔らかいタオル、スポンジで片足ずつ優しく洗う
  • 特に指の間や付け根は、洗い残しがないように丁寧に洗う
  • 両足を洗い終えたら、汚れたお湯をバケツに捨てる
  • かけ湯用のペットボトルで、お湯をかけて石けんを流す
  • 片足ずつバケツから出し、皮膚を傷つけないため、こすらずに押さえるようにしてタオルでしっかりと水気を拭き取る
  • 必要であれば、爪を切るなどのケアを行なう(巻き爪や深爪などをさける切り方にする)
  • 皮膚が乾燥している場合は保湿クリームを塗って保湿する(湿って水虫の原因になることがあるため、指の間は避ける)

 

2.足浴の注意点とは?

被介護者の体の負担を増やさない

  • 体を冷やしたり、余分な体力を消耗させたりするのを避けるため、15分程度を目安に行なう
  • 体が温まりすぎて汗をかくと、体温を奪われるため、汗をかかない程度の時間に収める
  • 露出部分を極力少なくして、ひざ掛けなどで保温しながら行なう
  • 足浴が終わった後はしっかりと水気を拭き取る
  • 昼間の気温の高い時間帯やお昼寝前などに行ない、被介護者の体にかかる負担を小さくする
  • 胃の働きが低下し消化不良を引き起こす可能性があるため、食後すぐの足浴は避ける

 

コミニュケーションをはかりながら、足の状態をよく観察する

  • 「皮膚の状態(乾燥、変色、腫れ、掻き傷、水虫など)」、「臭い」、「爪の状態(爪の水虫、巻き爪など)」などに変化がないか観察する
  • 介護者に「お湯の熱さ」や「洗う強さ」などを確認し、リラックス効果を高める
  • マッサージや会話などでコミニュケーションをとり、信頼関係を深める

 

感染症などの発生を予防する

  • 雑菌の繁殖につながり、感染症などの発生を引き起こしやすくなるため、足や床に飛び散った水分はしっかり拭き取る

 

3.足浴の目的と効果とは?

下肢の皮膚を清潔に保ち、感染症を防ぐ

足浴は、全身浴と同じく下肢を洗浄して爽快感が得られます。

皮膚を清潔に保つことで、感染症などを予防するとともに、創傷の治癒を早められる効果があります。

 

血行を良くし、血流障害を予防する

足は体の末端にあるため、血流が滞りやすいという特徴があり、血流障害が起こりやすい部位です。

足浴により、末端を温めることで全身の血の巡りが促され、循環機能を高めることができます。

血流がよくなると、老廃物の排泄がスムーズになり、足のむくみやだるさの改善につながります。

 

リラックス効果や睡眠促進効果がある

足を温めることは、筋肉疲労の軽減や疼痛の緩和などに有効です。

また、全身の血行が促されることで、自律神経のひとつである「副交感神経」が優位になり、リラックス効果や睡眠促進効果を得られます。

お湯にラベンダーなどリラックス効果のあるアロマオイルを垂らしたり、足浴とともに優しくマッサージ(さする、押す、叩くなど)や、ゆったりとストレッチ(伸ばす)をしたりすることで、さらにリラックス効果を高めることができます。

スポンサードリンク



4.下肢の浮腫/むくみの原因とは?

むくみの種類

  • 一過性のむくみ
  • 病的なむくみ(下肢静脈瘤、リンパ浮腫、心臓・肝臓・腎臓など内科的疾患など)

 

一過性のむくみの原因

  1. 足の筋力低下による血行不良・冷え
  2. 長時間にわたる同じ姿勢
  3. 水分の摂りすぎ、排出できない状態
  4. 塩分・アルコールの摂りすぎ、排出できない状態
  5. 睡眠不足・疲労・ストレス・自律神経バランスの乱れ
  6. ホルモンバランスの乱れ など

 

①足の筋力低下による血行不良・冷え

運動不足によって足の筋力が衰えると、筋ポンプの機能が低下して血液がうまく心臓へ戻らなくなると、むくみや血行不良、冷えが起こります。

 

②長時間にわたり同じ姿勢でいること

立ち姿勢を続けることで血液が下肢に停滞したり、ふくらはぎの筋肉の働きが少なくなることで、血液やリンパ液の流れが悪くなり、むくみやすくなります。

 

③水分の摂りすぎ、排出できない状態

摂取した水分を体の外へ出すことができないと、水は体内に溜まり、冷えも招きます。

すると、腎臓が尿をつくる働きが弱くなり、さらにむくみが悪化します。

 

④塩分・アルコールの摂りすぎ、排出できない状態

塩分の摂り過ぎやカリウムの不足によって、体内に塩分を蓄えてしまうようになります。

飲み過ぎ・食べ過ぎによって内臓の機能が弱り消化・分解・排出しきれずに体内に溜まることでむくみや肥満、生活習慣病を招きます。

 

アルコールは、利尿作用があり、アルコール分解のために多量の水が消費されるため体が急激に水分を欲するようになります。

体の水分が不足したり、たくさんの水を摂ることで、水分バランスが乱れてむくみにつながります。

 

⑤睡眠不足・疲労・ストレス・自律神経バランスの乱れ

睡眠不足や疲れ、ストレスにより、疲労物質の増加や自律神経バランスが乱れることで、筋肉の収縮作用が弱まったり、内臓機能が低下したりすることで、むくみや冷えを招きます。

 

⑥ホルモンバランスの乱れ

生理前など、ホルモンバランスが乱れることで自律神経や血液の状態に影響を与えます。

むくみやにきび、吹き出物などの肌トラブル、腰痛、頭痛、便秘、胸の張りなど様々な不快症状が引き起こされます。

また、全身の代謝を維持するのに重要である甲状腺ホルモンが不足することで、身体機能の速度が低下して活動性が鈍くなり、むくみがあらわれます。

 

5.まとめ

足浴は、全身浴に比べて心臓への負担が軽く、体力の消耗も少ないため、高血圧の方や高齢者の方、体力の少ない方などにも適しています。

 

「気持ちよかった」と感じる人が多く、リフレッシュやリラックスする効果、血行促進により浮腫みやだるさ、しびれの軽減する効果など心と体にさまざまな利点があります。

 

体に負担がかからない程度に行なう、傷や水気による感染症を予防するなどに注意して、心地よく過ごせる時間を大切にしましょう。

 

↓こちらの記事もご覧ください

[【むくんだ下肢から水が漏れる原因】とは?リンパ浮腫の合併症と予防法]

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です