【血行促進に効果的なお茶】とは?種類と効能

お茶には、さまざまな種類と効能があります。

日本茶、中国茶、紅茶、ハーブティーなど効能を知ることでお茶を楽しむ幅が広がります。

血行促進効果で体の健康と、リラックス効果で心の健康につなげましょう。

スポンサードリンク



1.血行促進するお茶とは?

血液・血管の働きに効果的なお茶

【中国茶】

  • 丹参茶(たんじんちゃ):血液全般
  • 東方美人(とうほうびじん):動脈硬化など
  • 普洱散茶(ぷあーるさんちゃ):高血糖など
  • 六堡茶(ろっぽうちゃ):糖尿病など
  • 西湖龍井(せいころんじん):高血圧など
  • 凍頂烏龍茶(とうちょううーろんちゃ):高血圧など
  • 安渓鉄観音(あんけいてっかんのん):肥満症など
  • 祁門紅茶(きーむんこうちゃ):冷え性など

 

【健康茶・ハーブティー】

  • アシタバ茶
  • アマチャヅル茶
  • 柿の葉茶
  • ヴァバ茶
  • ギャバロン茶
  • クコ茶
  • 苦丁茶
  • 熊笹茶
  • クミスクチン茶
  • 黒豆茶
  • 桑の葉茶
  • ゲットウ茶
  • ゲンノショウコ茶
  • 高麗人参茶
  • ゴーヤ茶
  • しいたけ茶
  • ダッタンソバ茶
  • 丹参茶
  • タンポポ茶
  • トウモロコシ茶
  • ドクダミ茶
  • 杜仲茶
  • ナツメ茶
  • ネトルティー
  • 紅花茶
  • 松葉茶
  • ヤーコン茶
  • よもぎ茶
  • レモンバームティー

 

高血圧や高血糖、動脈硬化予防、冷え性改善などの効果によって、血行促進する作用があります。

お茶によってあわせ持つ効能が違うため、他の症状がある場合など、自分の体質や症状に合ったお茶を選び、水分の過剰摂取を予防しましょう。

一度にたくさん飲みすぎることで、内臓に負担がかかるため、こまめに水分補給をおこないます。

1日に摂取する水分量は食事での水分のほかに、1リットル程度を目安にします。

 

2.お茶とは?

日本茶、中国茶、紅茶はすべてツバキ科の常緑樹で『チャの木』と呼ばれる『カメリア・シネンシス』からできています。

揉んだり、発酵させたりすることで茶葉が出来上がりますが、木の種類や茶葉の製法、発酵の具合によって、味や香りに違いがでます。

 

チャの木の品種

中国種

  • 茶葉は緑茶向き
  • 紅茶にしても繊細な味わい
  • 水色(すいしょく)は薄め
  • 木は枝分かれする灌木(かんぼく)型
  • 高さ2~3mで茶葉も小さい

 

アッサム種

  • 茶葉は発行しやすいため、紅茶に向いている
  • 香りは強い
  • 味は濃厚
  • 水色(すいしょく)は焦げ茶色や黒色
  • 木は直立の喬木(喬木)型
  • 10mを越えるものもある

 

茶葉の製法による分類

不発酵茶

  • 茶葉を加熱して酸化を止めたお茶
  • 日本茶(蒸製)
  • 中国緑茶(炒製)

 

半発酵茶

  • 少し酸化させ、酸化を途中で止めたお茶
  • 烏龍茶(青茶・重~中発酵)
  • 包種茶(青・軽発酵)
  • 白茶(弱発酵)
  • 黄茶(弱発酵)

 

完全発酵茶

  • 完全に酸化させたお茶
  • 英国紅茶
  • 中国紅茶

 

後発酵茶

  • 自然酸化ではなく、菌の作用で発酵させたお茶
  • プアール茶(黒茶)など

 

『チャの木』の他には、ハーブやその他の木の葉、花びら、果実、根などにお湯を注いで飲むものを、『茶外茶』、『健康茶』、『ハーブティー』と呼びます。

 

3.日本茶の成分と種類とは?

日本茶の主な成分

タンニン

  • 『カテキン』はタンニンの一種
  • 抗菌・抗ウイルス作用
  • 抗酸化作用
  • カテキン:脂肪燃焼作用

 

カフェイン

  • 疲労回復作用
  • 血行促進作用

 

テアニン

  • アミノ酸の一種
  • 興奮を鎮める作用
  • 緊張を和らげる作用

 

β-カロテン

  • 体内でビタミンAに変化する
  • 抗酸化作用
  • 肌を保護する

 

ビタミンC

  • 抗酸化作用
  • 肌のシミやそばかすを予防し、ハリを与える

 

ビタミンE

  • 血行促進作用
  • 抗酸化作用

 

カリウム

  • ミネラルの一種
  • 利尿作用
  • 便秘やむくみ解消に有効

 

日本茶の種類

煎茶

  • 一般的に新茶の次に摘まれた二番茶で、日本茶消費量の約8割を占める
  • バランスのとれた甘味と渋味、爽やかな香りが特徴

 

番茶

  • フッ素を含むため、食後に飲むと虫歯予防に有効

 

焙じ茶(ほうじちゃ)

  • カフェインやタンニンが少ないため、渋味や苦味がほぼない
  • 胃にやさしく、さっぱりした味でたくさん飲むことができる

 

玄米茶

  • 香ばしい香りのため、心身のリラックスに有効
  • カフェインが少ない

 

玉露

  • 最高級の緑茶
  • 上質の茶樹の葉のみでつくられ、芯芽が2~3枚開いたところでワラなどを被せ、約20日間、直射日光をさえぎることで、濃い緑色のやわらかな葉となり、独特の風味が生まれる

 

抹茶

  • 直射日光をさえぎって栽培した茶葉を蒸して乾燥させ、臼でひいたもの
  • 茶葉ごと飲むことで、ビタミンA.C.Eなどの栄養をすべて摂取できる

 

芽茶

  • 煎茶や玉露をつくる過程で使われなかった芽の部分
  • 苦味と渋味が強く、うま味が詰まった濃厚な味

 

粉茶

  • 煎茶や玉露の仕上げの過程でふるい分けられた細かい粉
  • 短時間で茶葉の成分が溶け出しやすい

 

4.中国茶の種類と効能とは?

中国茶の種類と効能

緑茶(不発酵茶)

  • 中国茶の生産量の6割以上を占める
  • 『炒る』ため香ばしいものもある
  • カフェイン:利尿作用が高いため、毒素と老廃物の排出に有効
  • ビタミンC:抗酸化作用
  • フッ素・カテキン:虫歯や口臭予防

 

【代表的な緑茶】

  • 西湖龍井(せいころんじん)
  • 黄山毛峰(こうざんもうほう)
  • 碧螺春(へきらしゅん)
  • 錦上添花(きんじょうてんか)

 

白茶(弱発酵茶)

  • 白毫(はくごう)と呼ばれる白いうぶ毛が生えた若葉のみでつくられる
  • 日光と月光で少しずつ
  • 体の余分な熱を取り除く作用
  • 暑さをしのぎたいとき
  • じんましんや水ぼうそう
  • 乾燥する時期にのどをうるおす

 

【代表的な白茶】

  • 白毫銀針(はくごうぎんしん)
  • 白牡丹(はくぼたん)

 

黄茶(弱発酵茶)

  • 精神を落ち着かせるリラクゼーション効果
  • 生産量が少なく、大変貴重なお茶

 

【代表的な黄茶】

  • 君山銀針(くんざんぎんしん)

 

青茶(半発酵茶)

  • ポリフェノール:中性脂肪を洗い流すためコレステロールが低下し、新陳代謝が活発になる
  • 生活習慣病の予防
  • ダイエット
  • 胃に刺激を与えて、食欲増進する作用
  • 食後の胃腸の調子を整える作用
  • 便秘解消や二日酔い
  • 冷え性解消には『鉄観音茶』がおすすめ

 

【代表的な青茶】

  • 鉄羅漢(てつらかん)
  • 大紅袍(だいこうぼう)
  • 安渓鉄観音(あんけいてっかんのん)
  • 凍頂烏龍(とうちょううーろん)
  • 東方美人(とうほうびじん)

 

紅茶(完全発酵茶)

  • 体を温める作用
  • 中国の紅茶は小種紅茶・工夫紅茶・紅砕茶の3種類

 

【代表的な紅茶】

  • 祁門紅茶(きーむんこうちゃ)
  • 雲南紅茶(うんなんこうちゃ)・テン紅
  • 茘枝紅茶(らいちこうちゃ)
  • 正山小種(せいざんしょうしゅ:ラプサンスーチョン)
  • 九曲紅梅(くきょくこうばい)

 

黒茶(後発酵茶)

  • 『プアール茶』は、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らし、体脂肪を燃焼しやすくするため、食事中に飲むと効果的
  • 新陳代謝を促進して体を温めるため、冷え性、血行不良による肩こりや頭痛、風邪のひきはじめに有効

 

【代表的な黒茶】

  • 雲南普洱(うんなんぷあーる)
  • 普洱小沱茶(ぷあーるしょうだちゃ)
  • 菊普洱小沱茶(きくぷあーるしょうだちゃ)
  • 雲南七子餅茶(うんなんななこへいちゃ)
  • 普洱散茶(ぷあーるさんちゃ)
  • 六堡茶(ろっぽうちゃ)

 

花茶

  • 香りで心身をリラックスさせたり、眠りを誘ったりする効果

 

【代表的な花茶】

  • 茉莉花茶(まつりかちゃ):ジャスミン
  • 桂花緑茶(けいかりょくちゃ):キンモクセイ
  • 桂花茶(けいかちゃ):キンモクセイ
  • 玫瑰花茶(めいくいはなちゃ):バラ科ハマナス
  • 菊花茶(きっかちゃ):キク

 

5.紅茶の成分と種類とは?

紅茶の主な成分

タンニン

  • 色や渋味を決める成分
  • カテキン:日本茶よりも強い消毒・殺菌作用
  • 紅茶フラボノイド:抗酸化作用、動脈硬化予防、生活習慣病予防

 

カフェイン

  • 苦味を決める成分
  • 脳を刺激して、眠気を覚ます作用
  • 疲労回復作用
  • 新陳代謝をよくする効果
  • 運動前に飲むと、糖質よりも脂肪を先に燃焼する効果

 

テアニン

  • アミノ酸の一種で、うま味を決める成分
  • 興奮を鎮める作用
  • 緊張を和らげる作用

 

アミノ酸

  • 甘味とうま味を決める成分
  • テアニンとグルタミン酸などを含む

 

フッ素

  • 虫歯予防成分

 

カリウム

  • ミネラルの一種
  • 利尿作用

 

β-カロテン

  • 体内でビタミンAに変わる
  • 抗酸化作用

 

ビタミンB群

  • 疲労回復作用
  • ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンを含む

 

紅茶の種類

スリランカの紅茶:セイロンティー

【主な紅茶】

  • ウバ
  • ディンブラ
  • ヌワラエリヤ
  • キャンディ
  • ルフナ

 

中国の紅茶

【主な紅茶】

  • キームン(祁門)
  • ラプサンスーチョン(正山小種)

 

インドネシアの紅茶

【主な紅茶】

  • ジャワティー

 

その他にも、生産量・輸出量ともに多いケニアやウガンダ、タンザニアなどでも生産が盛んです。

 

また、気候などのさまざまな影響で茶葉の出来にばらつきが生じるため、各メーカーの安定した品質や味を提供したり、飲むシチュエーションに合わせてブレンドされた『ブレンドティー』があります。

 

ミカンやリンゴ、ローズなどを混ぜたり香りを吸収させる『フレーバーティー』もあります。

 

フレーバーティーの種類

【フレーバード】

  • 茶葉に花や果物の香りを吹きつける
  • 手軽に風味を味わえる

 

【ブレンデッド】

  • 茶葉に花びらや果実の皮・果肉を乾燥させたものなどを混ぜる
  • 香りだけでなく、材料の味がする

 

【センテッド】

  • 茶葉に花や果物の香りを吸収させる
  • 茶葉を生かし、ほのかに香る

スポンサードリンク



6.健康茶・ハーブティーの種類と効能とは?

お茶の種類と効能

アイブライトティー

  • 眼精疲労回復
  • 目の充血改善
  • 抗炎症作用
  • 滋養強壮
  • 殺菌作用
  • 花粉症改善
  • 洗顔やまぶたの湿布も有効

 

アシタバ茶

  • 血液サラサラ
  • 貧血改善
  • 利尿作用
  • 高血圧予防
  • 動脈硬化予防
  • 老化予防
  • 頭痛改善
  • 不眠症改善
  • 肩こり解消
  • 便秘解消

 

アマチャヅル茶

  • コレステロール低下
  • 動脈硬化予防
  • ストレス解消
  • 胃潰瘍改善
  • 滋養強壮

 

ウコン茶

  • 疲労回復
  • 肝臓機能強化
  • 二日酔い予防
  • 健胃作用
  • 抗菌作用
  • 抗アレルギー作用
  • 肩こり解消
  • 生理痛解消
  • 冷え性解消
  • のぼせ解消

 

エルダーフラワーティー

  • 抗ウイルス作用
  • 発汗作用
  • 鎮咳去痰作用
  • 抗炎症作用
  • 利尿作用
  • 解毒作用

 

柿の葉茶

  • 血圧降下作用
  • 血液サラサラ
  • 動脈硬化予防
  • 抗酸化作用
  • 鎮咳作用

 

カモマイルティー・カモミールティー

  • 体を温める
  • 利尿作用
  • 精神鎮痛作用
  • 安眠作用
  • 消化機能強化
  • 食欲増進

 

ヴァバ茶

  • 糖の吸収を抑制する
  • 糖尿病予防
  • がん予防
  • 肝臓病予防
  • 胃痛改善
  • 下痢止め
  • ダイエット効果
  • 免疫力強化
  • 利尿作用
  • 生理痛改善

 

ギャバロン茶

  • 血圧降下作用
  • 高血圧予防
  • ストレス緩和

 

クコ茶

  • 動脈硬化予防
  • 高血圧改善
  • 低血圧改善
  • 利尿作用
  • 滋養強壮
  • 肝臓機能強化

 

苦丁茶(くちょうちゃ)

  • 血行促進
  • コレステロールの低下
  • 風邪改善
  • 頭痛改善

 

熊笹茶

  • 血液サラサラ
  • 血行促進
  • 高血圧改善
  • 糖尿病改善
  • 抗菌作用
  • 防腐作用
  • 口内炎改善
  • 歯槽膿漏改善
  • 健胃作用
  • 胃潰瘍改善
  • デトックス作用
  • 免疫力強化

 

クミスクチン茶

  • 高血圧予防
  • 利尿作用
  • むくみ防止
  • 美肌効果
  • ダイエット効果
  • 抗アレルギー作用
  • 膀胱炎予防

 

黒豆茶

  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • 低血圧予防
  • 血液サラサラ
  • 美肌効果
  • デトックス作用
  • 便秘解消

 

桑の葉茶

  • 血糖値の急激な上昇を抑制する
  • 糖尿病予防
  • 血圧降下作用
  • 利尿作用
  • 抗炎症作用
  • 鎮咳作用
  • 利尿作用
  • 便秘解消

 

ゲットウ茶

  • 高血圧改善
  • 血糖値降下作用
  • 抗菌作用
  • 防腐作用
  • 健胃作用
  • 胃もたれ改善
  • 去痰作用
  • 気管支炎改善

 

ゲンコショウコ茶

  • 高血圧予防
  • 冷え性改善
  • 腹痛・下痢改善
  • 便秘解消
  • 健胃作用
  • 胃潰瘍改善
  • 生理痛改善
  • 生理不順改善
  • 口内炎改善
  • 扁桃腺炎改善

 

碁石茶(ごいし)

  • 整腸作用
  • 便秘解消
  • ダイエット効果
  • 肌荒れ防止
  • 老化防止

 

高麗人参茶

  • 血行促進
  • 滋養強壮
  • 疲労回復
  • 食欲増進
  • 不安、ストレス解消
  • 安眠作用
  • 健胃作用
  • 整腸作用
  • 下痢止め
  • 息切れ改善
  • 健忘改善
  • 老化防止
  • 体質によって向かない場合がある

 

ゴーヤ茶

  • 血糖値降下作用
  • コレステロール低下
  • 高血圧改善
  • 健胃作用
  • 体脂肪燃焼
  • ダイエット効果
  • むくみ防止
  • 滋養強壮

 

しいたけ茶

  • 血液サラサラ
  • コレステロール低下
  • 高血圧改善
  • 動脈硬化予防
  • 心筋梗塞予防
  • 脳梗塞予防
  • 骨粗しょう症予防
  • 免疫力強化
  • 便秘解消
  • ダイエット効果

 

紫蘇茶(しそちゃ)

  • 風邪のひきはじめ改善
  • 発汗作用
  • 鎮咳作用
  • リラックス効果
  • 花粉症予防
  • アレルギー性鼻炎改善
  • 解毒作用

 

ジンジャーティー(生姜茶)

  • 冷え性改善
  • 体を温める
  • 初期の風邪・悪寒改善
  • 新陳代謝促進
  • 疲労回復
  • 消化機能強化
  • 食欲増進
  • 解毒作用
  • 殺菌効果
  • 発汗作用
  • 抗酸化作用
  • 妊娠中の飲用は避けること

 

すぎな茶

  • 利尿作用
  • 膀胱炎改善
  • むくみ改善
  • 腎臓機能改善
  • 出血症状改善
  • 扁桃腺炎改善
  • 初期の風邪改善
  • 鎮咳作用
  • 解熱作用
  • 抗菌作用

 

ダッタンソバ茶

  • 糖尿病予防
  • 動脈硬化予防
  • 心筋梗塞予防
  • 高血圧改善
  • 生活習慣病予防
  • 疲労回復
  • 肌荒れ改善
  • 美肌効果
  • 免疫力強化

 

丹参茶(たんじんちゃ)

  • 血液サラサラ
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧改善
  • 心臓病改善
  • コレステロール低下
  • どうき改善
  • 不眠症改善
  • 生理不順改善

 

タンポポ茶

  • 肝機能強化
  • 血糖値降下作用
  • 高血圧降下作用
  • リラックス効果
  • 便秘解消
  • 利尿作用
  • 冷え性改善
  • 母乳の出をよくする
  • ノンカフェインで産前・産後によい

 

甜茶

  • 花粉症予防
  • 抗アレルギー作用
  • アトピー性皮膚炎予防
  • 鼻水抑制
  • くしゃみ抑制
  • 解熱作用
  • 食欲増進

 

トウモロコシ茶

  • 血糖値降下作用
  • 高血圧予防
  • 動脈硬化予防
  • 利尿作用
  • むくみ防止
  • 便秘解消
  • 疲労回復
  • 滋養強壮

 

ドクダミ茶

  • 高血圧改善
  • 動脈硬化改善
  • 冷え性改善
  • むくみ防止
  • 利尿作用
  • 膀胱炎改善
  • 尿道炎改善
  • 便秘解消
  • 抗炎症作用
  • 抗菌作用
  • 肩こり解消
  • 解毒作用
  • トウモロコシのひげには実よりも薬効がある

 

杜仲茶

  • 血行促進
  • 血圧降下作用
  • コレステロールの吸収抑制
  • 肩こり解消
  • 冷え性改善
  • 利尿作用
  • むくみ解消

 

ナツメ茶

  • 冷え性改善
  • 低血圧改善
  • 貧血改善
  • 滋養強壮
  • 体力増強
  • 食欲増進
  • 安眠作用
  • 精神鎮静作用
  • 消化機能強化

 

ネトルティー

  • 血液サラサラ
  • 冷え性改善
  • 貧血改善
  • 花粉症改善
  • アトピー性皮膚炎改善
  • 喘息改善
  • 関節炎改善
  • リウマチ改善
  • 痛風改善
  • 利尿作用

 

ハイビスカスティー

  • 疲労回復
  • 眼精疲労回復
  • 視力低下改善
  • 抗酸化作用
  • 新陳代謝促進
  • 二日酔い回復
  • 美肌効果
  • むくみ防止
  • 便秘解消

 

ハト麦茶

  • 肌荒れ解消
  • 美肌効果
  • アトピー性皮膚炎改善
  • イボ取り
  • 利尿作用
  • むくみ解消
  • 新陳代謝促進
  • 健胃作用
  • 解熱作用

 

びわの葉茶

  • 新陳代謝促進
  • 利尿作用
  • むくみ解消
  • 疲労回復
  • 夏バテ解消
  • 下痢止め
  • 食欲増進
  • 胃の病気改善
  • 鎮咳作用
  • 喘息改善
  • 美肌効果

 

ペパーミントティー

  • 消化促進
  • 不安・ストレス解消
  • 精神安定作用
  • 抑うつ症状解消
  • 殺菌作用
  • 疲労回復
  • 乗り物酔い回復

 

紅花茶(べにばなちゃ)

  • 血行促進
  • 血液サラサラ
  • 動脈硬化予防
  • 冷え性改善
  • 生理痛改善
  • 生理不順改善
  • 更年期傷害改善
  • 整腸作用
  • 便秘解消
  • 利尿作用

 

紅富貴茶(べにふうきちゃ)

  • 抗アレルギー作用
  • 花粉症改善
  • アトピー性皮膚炎改善

 

マジョラムティー

  • 消化機能促進
  • 健胃作用
  • 食欲増進
  • リラックス効果
  • 安眠効果
  • デトックス作用

 

松葉茶

  • 血行促進
  • 血液サラサラ
  • 高血圧予防
  • コレステロール低下
  • 動脈硬化予防
  • 抗酸化作用
  • 抜け毛予防
  • 育毛促進
  • 老化防止

 

マテ茶

  • 滋養強壮
  • 疲労回復
  • 肝機能強化
  • 心機能強化
  • ダイエット効果
  • 美肌効果
  • 利尿作用

 

メグスリノキ茶

  • 高血圧改善
  • 肝機能改善
  • 眼精疲労改善
  • 白内障予防
  • 角膜炎改善
  • 利尿作用
  • 抗菌作用
  • 解毒作用

 

ヤーコン茶

  • 高血圧予防
  • 糖尿病予防
  • 心筋梗塞予防
  • 大腸がん予防
  • 健腸作用
  • 健胃作用
  • 便秘解消
  • 免疫力強化
  • ダイエット効果

 

ユーカリ茶

  • 風邪改善
  • インフルエンザ改善
  • 花粉症改善
  • のどの痛み改善
  • 鼻づまり改善
  • 気管支炎改善
  • 抗炎症作用
  • 抗菌作用

 

よもぎ茶

  • 血行促進
  • 高血圧予防
  • 出血症状改善
  • 冷え性改善
  • 肩こり解消
  • 神経痛改善
  • 育毛促進
  • 生理痛改善
  • 抗アレルギー作用
  • アトピー性皮膚炎改善
  • 健胃作用
  • 風邪改善

 

ラズベリーリーフティー

  • 生理痛改善
  • 産後の不正出血予防
  • 陣痛緩和
  • 母乳の分泌を促す
  • 産後の体力回復

 

リンデンティー

【花の部分】

  • 不安、ストレス解消
  • 精神鎮静作用
  • 安眠作用
  • 発汗作用

【木の部分】

  • 利尿作用
  • むくみ解消
  • デトックス作用
  • 腎機能強化
  • 脂肪分解作用

 

ルイボスティー

  • 抗酸化作用
  • 抗アレルギー作用
  • 花粉症改善
  • アトピー性皮膚炎改善
  • 新陳代謝促進
  • 冷え性改善
  • 美肌効果
  • 抗炎症作用

 

レモングラスティー

  • 消化促進
  • 殺菌作用
  • 腹痛改善
  • 下痢止め
  • 風邪改善
  • 生理痛改善
  • 疲労回復

 

レモンバームティー

  • 血圧降下作用
  • 精神安定作用
  • 抑うつ感改善
  • イライラ改善
  • 精神鎮静作用
  • 風邪改善
  • 花粉症改善
  • 消化促進
  • 発汗作用
  • 頭痛改善
  • 解熱作用
  • 記憶力を高める

 

ローズヒップティー

  • 貧血予防
  • 肌荒れ改善
  • 美肌効果
  • 風邪予防
  • 眼精疲労改善
  • 疲労回復

 

ワイルドストロベリーティー

  • 胃腸炎改善
  • 整腸作用
  • 下痢止め
  • 肝機能増進
  • 解熱作用
  • 肥満防止
  • 関節炎・リウマチの改善

 

7.尿意の我慢が膀胱炎の原因?

膀胱炎の原因は、尿意の我慢や性行為、生理中、妊娠、出産後、ストレス、ダイエットなどの『生活習慣や体質、体調によるもの』と、更年期のホルモンバランスの乱れなどの『加齢によるもの』があります。

 

尿意を我慢することで、排尿による膀胱や尿道に侵入した細菌を洗い流す役割が果たせず、尿道などの細菌が繁殖しやすくなります。

 

また、膀胱の粘膜には感染防御作用があるため、トイレに行くのを我慢していると、膀胱の粘膜が広がった状態が続きます。

この状態が継続すると、血流が悪くなるなどして、大事な感染防御作用が低下して膀胱炎の原因になります。

 

お茶で血行促進作用や利尿作用などが働いても、尿意を我慢することで、尿として排出するために分けられた不要な物質が再吸収されたり、膀胱炎の原因となります。

寝る前や会議などトイレに行けない時間の前にはたくさん飲まないように注意しましょう。

 

8.まとめ

血行促進に効果のあるお茶は、丹参茶(たんじんちゃ)、アシタバ茶、黒豆茶、しいたけ茶、杜仲茶、紅花茶などです。

体質や症状に合わせてお茶を選び、こまめに飲むことで、水分不足や水分の過剰摂取に注意しましょう。

 

お茶のリラックス効果を利用して、気分転換に色々なお茶を試したり楽しむことも良いですね。

 

↓こちらの記事もご覧ください

[顔のマッサージで血行促進!6つのハンドテクニック]

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です