【血行促進成分が配合されているハンドクリーム】とは?

ハンドクリームに血行促進成分が含まれていることで、肌の新陳代謝が良くなり、皮膚の再生を促します。

ハンドクリームは、香りやベタつきなど使用感がさまざまです。

血行促進以外にも、保湿などの有効成分の内容や、成分量、その他の配合成分を見てハンドクリームを選びましょう。

スポンサードリンク



1.塗り薬やクリームに含まれる血行促進成分とは?

血行促進作用のある成分

  1. ヘパリン類似物質/ヒルドイド
  2. ビタミンE/トコフェロール/ビタミンE誘導体/トコフェロール酢酸エステル/ビタミンE酢酸エステル/酢酸d-αトコフェロール/天然型ビタミンE など

 

(1)ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質=ヒルドイドは、血栓性静脈炎や血行障害による痛み、炎症性の痛み、しもやけ、腱鞘炎や筋肉痛などに効果があるとされている薬です。

 

HPクリームやヘパソフトなどに含まれるヘパリン類似物質は、『保湿』、『抗炎症・傷痕を綺麗にする』、『血行促進』作用があります。

『ヘパリン』は血の固まりを溶かし、血液をサラサラにする作用があり、身体の中に出来てしまった血栓を溶かしたり、血栓を予防するために投与されます。

『ヘパリン類似物質』もヘパリンと類似したはたらきがあるため、血液の流れを良くするはたらきがあります。

 

血栓を溶かす作用があるため、更に出血しやすくなると重篤な状態になる可能性のある方(先天性の出血性疾患を持っていたりという方)は使用すべきではありません。

医薬品は薬剤師に相談し、使用方法や副作用などの説明を受けてから使用するようにしましょう。

 

(2)ビタミンE/トコフェロールなど

塗り薬やハンドクリームには、メーカーや製品によってさまざまに記され、ビタミンE/トコフェロール/ビタミンE誘導体/トコフェロール酢酸エステル/ビタミンE酢酸エステル/酢酸d-αトコフェロール/天然型ビタミンEなどと表記されています。

 

ビタミンEは、毛細血管を広げて血流を改善する血行促進効果があります。

全身に血液が巡ることで細胞の新陳代謝が活発化するので、ターンオーバー(肌の新陳代謝)を促します。

 

血行促進作用の役割

塗り薬やクリームに含まれる血行促進作用の役割は、血行促進をして、『皮膚の再生や患部の回復を早める』ことです。

そのため、ひび、あかぎれ、しもやけやかゆみ止めなどにビタミンEが含まれ、肌の再生を促進する働きをします。

 

かゆみがあるときや、傷口に塗るなどの場合は、症状を抑えて悪化を防ぐ成分が含まれるものを選びましょう。

 

足は手よりも薬剤の吸収がしにくいなど、皮膚の部位にも特徴があり、冷えやむくみの改善には、クリームなどの塗り薬よりも、内服薬で血行促進させることが効果的です。

また、食事や運動など生活習慣の改善が、むくみの解消にはとても大切です。

 

2.血行促進成分が含まれているハンドクリームとは?

血行促進成分が含まれている市販の主なクリーム・ハンドクリーム

ヘパリン類似物質

  • HPクリーム:第2類医薬品(グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社)
  • ピアソンHPクリーム:第2類医薬品(新新薬品工業) など

 

HPクリームの例)

 

 

使用感は、ベタつきは少ないですが、アルコールのにおいが少しするようです。

直接肌に使うものであり、劣化するため、何年もかけて使用せず、少量で使い切れるものを選びましょう。

 

ビタミンE /トコフェロール

  • 薬用ハンドクリーム:医薬部外品【アベンヌ】
  • ザーネクリーム:医薬部外品【エーザイ】
  • ユースキンA:医薬部外品【ユースキン製薬株式会社】
  • ユースキンS:医薬部外品【ユースキン製薬株式会社】
  • 薬用ハンドクリーム:医薬部外品【キスミー】
  • 薬用ハンドベール:医薬部外品【ロート製薬】 など

 

ハンドクリームの例)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザーネクリーム 28g[エーザイ ザーネ ハンドクリーム 携帯用]
価格:297円(税込、送料別) (2017/8/16時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユースキンA 30g[ユースキン製薬 ユースキンA ボディクリーム]
価格:354円(税込、送料別) (2017/8/16時点)

 

 

 

 

ハンドクリームに配合されている血行促進成分は、ビタミンE/トコフェロールが多く、医薬部外品のものが多数です。

治療や改善の高い効果を求める場合は、ハンドクリームではなく、医薬品のクリームなど有効成分を多く含む製品を使用することも検討しましょう。

ヒビやあかぎれ、かゆみなどの他の症状や自分の肌の特徴を薬剤師に伝え、少量から試してみるようにします。

スポンサードリンク



3.ハンドクリームの使用期限と適切な保存方法とは?

開封前の使用期限

  • 一般的に3年程度

開封後の使用期限

  • 一般的に開封後から6ヵ月程度(3ヶ月~1年以内)

 

保管状態によって、もう少し長く使える場合もあると思いますが、肌に直接塗るものですので、出来れば1シーズンで使いきれる量を選びましょう。

化粧品や医薬部外品などのクリームも空気に触れることで酸化や劣化が起こり、品質が低下するため、肌トラブルを引き起こす原因となります。

 

『清潔を保つ』、『酸化を防ぐ』、『温度変化を防ぐ』ことで、ハンドクリームの適切な効果が保たれ、肌の健康につながります。

 

ハンドクリームの保管に適切な状態

温度変化がすくない状態

  • 車中や窓辺など、日中温度が上がる場所は避ける
  • 一定の温度を保つ

 

直射日光が当たらない状態

  • 成分の分離などが起こる場合があるため、車中や窓辺などは避ける

 

湿気がすくない状態

  • 水分ベースの化粧品は特に細菌が繁殖しやすいため、湿度の高い場所での保管は避ける

 

雑菌がない状態

  • 開封したものは、しっかりフタを閉める
  • 特にジャータイプの容器の場合は、手で触れた部分から雑菌が入るため、スパチュラ(へら)を使い、清潔に保つ

 

使用を避ける商品の状態

変色

  • 酸化や劣化により、変色や濁りが発生した状態

 

匂い

  • 腐敗や細菌の繁殖により、匂いが変化した状態

 

分離

  • 劣化などにより、水分と固形物のように分離した状態

 

テクスチャー(質感・手触りなど)の変化

  • 成分の変質により、ざらつき、もたつき、脂っぽいなど、使用感が変化した状態

 

4.ハンドクリームの効果的な塗り方と再利用する方法とは?

ハンドクリームの効果的な塗り方

手を温める

手が冷えている場合は、手のひらを閉じる・開く・揺らすなどで動かして、温めます。

クリームなどをつけずにマッサージすることは、摩擦が起きてシワなどの原因となります。

 

ハンドクリームを温める

手に出したハンドクリームは、手のひらや手の甲でしばらく温めてから広げます。

伸びがよくなり、摩擦が減ったり、浸透が良くなります。

 

適量を使う

少量を全体に伸ばすことで、肌の摩擦が起きやすくなります。

温めたクリームを、指先に取って手の全体に少しずつ置き、優しく広げるように塗ります。

 

マッサージをする

ひどい手荒れは、血行不良が原因のひとつになっていることが多く、ハンドクリームを塗っただけではなかなか回復しません。

そのため、ハンドクリームを塗って指先までマッサージをおこない、血行を促すことが大切です。

 

手袋を使う

手指を包み込むことで、『塗ったハンドクリームの保湿効果を高める』、『クリームが寝具につくのを防ぐ』、『無意識に掻くことで起きる、肌への傷を防ぐ』などの利点があります。

 

寝ている間は、手や足から放熱して体温を調節する働きがあるため、手袋をすることで熱がこもり、睡眠が妨げられる可能性があります。

また、蒸れることで皮膚がふやけてバリア機能が低下することもあります。

通気性の良い、『綿』や『絹 /シルク』素材の手袋を選びましょう。

 

余ったハンドクリームを再利用する方法

余ったハンドクリームは、肌荒れの原因になることがあるため、年月が経ったクリームを肌へ使用するのは控えましょう。

 

『洋服やストッキングの静電気対策』や、『鏡の曇りどめ』、『くっつかなくなった吸盤を復活させる』などの活用法があるようです。

 

5.まとめ

ハンドクリームに配合されている血行促進成分は、主に『ビタミンE/トコフェロール』です。

塗り薬やその他のクリームには、『ヘパリン類似物質』という血行促進成分が配合されています。

 

説明書を読み、正しい使い方や保存の仕方を知ることも大切です。

小さめのサイズを買い、短期間で使い切るようにして、使用中は『清潔を保つ』、『酸化を防ぐ』、『温度変化を防ぐ』ことで、ハンドクリームの適切な効果が保たれます。

 

かゆみや傷がある場合など、症状に合わせてハンドクリームを選びましょう。

 

↓こちらの記事もご覧ください

[血行促進作用のある皮膚保湿剤とは?保湿成分の種類]

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です