【足のだるさが生じる病気】とは?医師の診断が必要なむくみ

皮膚を触ると硬い、腫れている、左右の足の太さが違うなどの症状がある場合は、病気が原因である可能性があります。

血管(静脈)、リンパ管、内臓の機能が低下することで、足のだるさやむくみがあらわれます。

起こしやすい要因や生活習慣があるため、根本から生活を見直すようにしましょう。

スポンサードリンク



1.足のだるさが生じる病気とは?

足のむくみ・だるさがあらわれる病気

  1. 下肢静脈瘤
  2. 深部静脈血栓症
  3. 血管の形成異常
  4. リンパ浮腫
  5. 心臓・腎臓・肝臓などの内科的疾患

 

(1)下肢静脈瘤

静脈には、血液の逆流を防ぐために血管内の随所に弁がついていて、この静脈弁が何らかの影響でうまく作用せずに血液が心臓に戻らなくなってしまう病気です。

静脈の逆流発生部位は、大(小)伏在静脈や副伏在静脈です。

 

種類と症状

  • 伏在静脈瘤(血管がボコボコとうねるように浮き出る)
  • 分枝静脈瘤(血管の一部がボコっと浮き出る)
  • 網目状静脈瘤(青く細い血管が網目のように浮き出る)
  • クモの巣状静脈瘤(赤く糸のように細い血管が浮き出る)
  • うっ帯性潰瘍(静脈瘤が原因で、皮膚がざらつき、かゆみや色素沈着が生じる)

 

足のだるさ、むくみ、痒み、痛み、熱を持つ、足がつる(こむら返り)、ピリピリと感じる、足の静脈が腫れる、血管が浮き出て見える、皮膚が硬くなる、皮膚の色が黒ずむ、潰瘍ができるなどの症状があらわれます。

ふくらはぎやひざ裏で多く起こり、太もも、足首まわりなど、足のあらゆる部分で起こります。

 

『陰部静脈瘤』は『分枝静脈瘤』に分類され、妊娠や出産をきっかけに卵巣の周りに静脈瘤ができ、生理が来るたびに足のだるさ、痛み、むくみがあらわれます。

改善には、骨盤ゆがみを整えることも有効です。

 

原因

遺伝(親近者に下肢静脈瘤になった人がいる)、長時間立ち続ける事が多い、妊娠・出産を何度か経験している、肥満気味であることが原因です。

 

改善方法

  • 特殊な編み方でつくられた医療用弾性ストッキングを使用する
  • 運動(歩く、太もも上げ、かかとの上げ下げ)
  • 足指を動かす
  • 寝ているときや座っているときは、足枕や足置き(オットマン)を使い、足先の位置を高くする
  • 深呼吸をする
  • バランスのよい食事(塩分・糖分・脂質を控える)
  • 朝起きたとき、こまめに水分補給をする
  • 水虫の予防・治療をする
  • 歯周病の予防・治療をする

 

放っておいても自然に治ることはありません。

すぐに命に関わるような病気ではありませんが、歩くことなどが不快になることで外出が減り、心の健康を損ねる原因にもなるため、早めに治療を行ないます。

 

(2)深部静脈血栓症

骨盤の中の太い静脈や深部静脈などに血栓ができた場合、足に急激に血液が溜まってしまう病気です。

飛行機などで、長時間狭い椅子に座ったままの状態を強いられることで、足の血液の流れが悪くなると、『深部静脈血栓症』でできた血栓が、歩行などをきっかけに足の血管から離れ、血液の流れに乗って肺に到着し、肺の動脈を閉塞することで『肺血栓塞栓症』を引き起こし、『静脈血栓塞栓症/エコノミー症候群/ロングフライト血栓症/旅行者血栓症』を発症し、動悸、呼吸困難が起きて命にも関わります。

健康だった人が突然死を起こす病気の一つであるこの疾患は、エコノミークラスのみで起こるわけではないため、ロングフライト血栓症や、旅行者血栓症とも呼ばれています。

 

症状

足がパンパンに腫れて、強い痛み、しびれを伴います。

血栓ができた片足だけ症状が出るのが特徴ですが、両足に血栓ができた場合は両足がむくみます。

 

原因

飛行機などで、長時間狭い椅子に座ったままの状態を強いられたり、続けることが原因です。

 

(3)血管の形成異常

確率としては低いですが、出生前からの形成異常の場合があり、自然に治ることはありません。

血流の遅い、『毛細血管奇形』、『静脈奇形』、『リンパ管奇形』と、血流の速い『動静脈奇形』に分けられています。

生まれつきの病気で、外傷、感染、ホルモンバランスの変動など成長によって症状が強くでるようになります。

 

(4)リンパ浮腫

本来リンパ液として運ばれるはずの体液が組織内に残ってしまうことによるむくみをリンパ浮腫といいます。

自然治癒はしないため、治療せずに放置しているとゆっくりと進行していき、症状は悪化します。

 

症状

むくみが全身にあらわれますが、約7割が重力の影響を受けやすい足に起こるとされています。

パンパンにむくんでいる部分に、だるさ、重さ、疲れ、皮膚が乾燥して硬くなる症状があらわれます。

 

原因

先天的にリンパ管の発育が悪い、ガンの手術を経験したことがある、慢性的な水虫から雑菌が入り込むことなどが原因です。

 

(5)心臓・腎臓・肝臓などの内科的疾患

足だけでなく、全身にむくみが見られるときは、内科的疾患の可能性があります。

むくみに特化した治療ではなく、原因となる疾患を治療することで、足のむくみやだるさの改善につながります。

 

症状

足や全身のむくみ、だるさ、強い痛みなどの症状が出ます。

すねを指で強く押したとき、病的ではないむくみやリンパ浮腫と比べて、凹みが元に戻るのに時間がかかるという特徴があります。

貧血、甲状腺疾患、腎不全、心不全、肝硬変、リウマチ、膠原病、アレルギー、悪性腫瘍など、疑うべき症状はさまざまです。

 

原因

心臓、腎臓、肝臓などの働きが悪くなると、体内の水分を体外に排泄する力が低下して、むくみが出ることがあります。

高血糖状態が続き糖尿病になると、さまざまな合併症を引き起こし、内臓機能が低下します。

また、胃酸分泌低下などによる消化不良によって胃下垂が起き、腸や子宮部を圧迫することで段階的に内臓下垂が起き、そけい部において足に向かう血流や神経を圧迫し、足のだるさやむくみを生じることもあります。

 

2.足のだるさを解消する方法とは?

重力に逆らう力を強める

下肢静脈瘤は、心臓から送られる『動脈』ではなく、心臓へ戻る『静脈』に深く関わりがあり、むくみは、静脈のすぐ脇を流れている『リンパ管』に深く関係しています。

  1. お尻や太ももにセルライトがある
  2. 夕方になると靴がきつくなる
  3. アキレス腱がくっきりと見えない
  4. 靴下のゴム跡がなかなか消えない
  5. すねを指で強く押すとへこんだ部分がすぐに戻らない

 

これらの症状がある場合は、重力に逆らって血液やリンパ液が心臓に戻る力が弱まり、妨げられています。

むくみや下肢静脈瘤をさらに悪化させる状態である為、早めに改善していくことが大切です。

スポンサードリンク



『筋ポンプ』機能を高める

心臓の働きにより血液を全身へと送り出しますが、その力には限界があるため、筋肉を動かすことで接している静脈やリンパ管が押されて流れを促します。

足の場合は、ふくらはぎにある『腓腹筋(ひふくきん)』と、『ヒラメ筋』を多く動かすことで、筋ポンプの力によって血行が促進します。

屈伸運動、かかとの上げ下げ運動などが有効です。

 

『呼吸ポンプ』機能を高める

『呼吸』をすると、胸郭が広がって胸部の内圧が上がることで、静脈の中の血液やリンパ液を心臓へ戻す働きを助けます。

さらに、『腹式呼吸』により、息を吸って横隔膜が下がりお腹に圧がかかってお腹の静脈が押され、息を吐いて横隔膜が上がるとお腹の圧力が弱まって静脈血が心臓へ流れます。

この呼吸ポンプの働きをすることで、血流やリンパの流れを促進する働きがあるため、できるだけ胸を張る姿勢や腹式呼吸を行ないましょう。

 

運動(ストレッチ・体操・筋トレなど)

足のだるさは、筋肉を使いすぎることによる『オーバーユース』と、使わないことによる『ディスユース』、『うっ帯』によってあらわれます。

ストレッチは、疲れた筋肉や縮まった筋肉を伸ばして、深部の静脈やリンパの流れを促します。

体幹を動かす動作の多いラジオ体操などをすることで全身の血流を促すことに効果的です。

筋トレを行ない全身の筋肉を鍛えることで冷えの予防・改善をしたり、筋ポンプ機能を高めることが有効です。

 

マッサージ(リンパマッサージ・ツボ刺激など)

そけい部やひざ裏のリンパ節をはじめにほぐしてから優しくマッサージをする、ゴルフボールを足裏で転がすことで、老廃物を排出して足のだるさやさまざまな不調の改善に効果が期待できます。

 

湧泉(ゆうせん)のツボは筋肉疲労の回復や腎臓機能の回復、冷え改善に効果があり、足三里(あしさんり)のツボは疲れやむくみを取ったり、胃腸の調子を整えることに有効です。

 

肥満の解消

肥満の状態は、心臓への負担が増え、心臓ポンプの足への作用が弱くなってしまいます。

また、皮下脂肪は水分は滞りやすい特徴があるため、むくみやすくなります。

ダイエットの3つの基本である①摂取カロリーのコントロール、②有酸素運動、③筋トレを行ない、脂肪を減らして肥満を解消しましょう。

 

3.体のだるさが生じる病気とは?

体のだるさがあらわれる病気

  • 貧血
  • 風邪
  • 急性肝炎
  • 更年期障害
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
  • 慢性疲労症候群(CFS)
  • うつ病
  • 潜在的ビタミンB1欠乏症
  • 糖尿病 など

 

栄養やエネルギー不足、疲労の蓄積、ストレスなどによる脳の疲労感、ウイルス、ホルモンバランスの変化、睡眠障害、、生活習慣など、原因はさまざまです。

休養しても回復しないだるさや倦怠感には重大な病気が潜んでいることもありますので、軽視は禁物です。

 

規則正しい生活、十分な休息や睡眠、ストレスの原因を取り除く、ストレスを解消する、栄養バランスのとれた食事をすることで体のだるさを予防します。

持続的で回復しない体のだるさや倦怠感がある場合には、命にかかわる重大な疾患が隠れていることもあるため、人間ドッグなどの健診や医師による診察を受けましょう。

 

4.むくみが女性に多く見られる理由とは?

女性は男性に比べて筋肉量や筋力が弱いため、筋ポンプの働きも弱く、むくみや下肢静脈瘤などになりやすいといわれています。

また、筋力が弱いことで冷え性にもなりやすく、むくみを悪化させます。

 

妊娠をすることで、女性ホルモンの一つ『プロゲステロン』が活発に分泌されます。

プロゲステロンは、妊娠継続のための骨盤内の血液を増やすために血管を広げる働きがあり、この影響により静脈も広がって血流が増え、弁がうまく閉じなくなると、『うっ帯』が起こります。

また、大きくなった子宮により血管が圧迫されることで、血流が滞ることもあり、妊娠と出産を機に下肢静脈瘤になる患者も多くいます。

 

脂肪のつき方は成長によって変化します。

幼児期は主に腹部、思春期以降は主に臀部、中年期・高年期に閉経すると、卵巣で作られるプロゲステロンという大腿部への脂肪蓄積を促すホルモンが急激に減少して、大腿部への脂肪の蓄積がおさえられ、その分の脂肪が腹部に集中すると考えられています。

女性は、男性よりもこの傾向が強いため、臀部(お尻)や太ももに脂肪がつきやすく、むくみやすいといえます。

 

しかし、男性もむくみや下肢静脈瘤などの病気を発症します。

立ち仕事、加齢、脂質異常、筋力低下などの原因によって血管や弁の働きが弱まるため、運動やバランスの良い食事で血管への負担を減らしましょう。

 

5.まとめ

足のむくみ・だるさがあらわれる病気は、①下肢静脈瘤、②深部静脈血栓症、③血管の形成異常、④リンパ浮腫、⑤腎臓・肝臓心臓などの内科的疾患などがあります。

 

深部静脈血栓症は、突然死を招くこともある怖い病気(静脈血栓塞栓症/エコノミー症候群/ロングフライト血栓症/旅行者血栓症)を招きます。

そのほかの病気は、生まれつきのものもありますがある日突然起こるわけではなく、起こしやすい要因や生活習慣があるため、根本から生活を見直すことが重要です。

 

足とともに、全身の血行を促進することで、むくみやだるさを解消します。

筋ポンプ、呼吸ポンプ機能を高めたり、肥満を解消して、心臓ポンプの働きを助けましょう。

 

↓こちらの記事もご覧ください

[血行不良と倦怠感の関係とは?疲れを招く食事と改善方法]

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です