【足のだるさと頭痛の原因】とは?緩和と予防方法

足のだるさと頭痛の原因はさまざまで、筋肉疲労、血行不良、ストレス、病気による内臓機能の低下などによって起こります。

症状を緩和することとともに、体質や生活習慣の改善により予防をしましょう。

スポンサードリンク



1.頭痛の分類

頭痛は、『一次性頭痛』(主に①緊張型頭痛、②片頭痛、①と②混合タイプ、③群発頭痛)と、『ニ次性頭痛』(脳出血や脳腫瘍など、何らかの病気の症状として起こる頭痛)に分類されます。

 

一次性頭痛の原因はさまざまで、特に明確な病気ではないのに、繰り返し起こり、『頭痛自体が治療対象となる痛み』です。

首や頭部周辺の筋肉の緊張や、頭部の血管の拡張などによって起こると考えられており、誘因やしくみを知り、体質や生活習慣の改善により上手に付き合っていくことが大切です。

市販薬の服用を繰り返すことで悪化することもあるため、専門医の診断を受け、医薬品の処方や生活習慣の指導を仰ぎましょう。

 

二次性頭痛は、脳出血や脳腫瘍など、何らかの『病気の症状として起こる頭痛』で、病気を治療することで頭痛が緩和されます。

命にかかわるような疾患が原因の場合があるため、いつもと違う頭痛を自覚したときは、すぐに病院を受診しましょう。

 

2.一次性頭痛の原因とは?

主な一次性頭痛の種類

  • ①緊張型頭痛
  • ②片頭痛
  • ①と②混合タイプ(緊張型頭痛と片頭痛)
  • ③群発頭痛

 

①緊張型頭痛

最も患者数が多い一次性頭痛で、年齢や性別に関係なくみられます。

ときどき頭痛がする『反復性緊張型頭痛』と、毎日のように頭痛が続く『慢性緊張型頭痛』があります。

 

頭全体や後頭部が締め付けられるような重い痛みがあらわれ、肩・首のこりや、めまい・ふらつき・全身のだるさなどを伴います。

 

緊張型頭痛が起こるしくみ

  1. ストレス・運動不足で、首から肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張・収縮
  2. 筋肉の緊張が高まることで、筋肉内が血行不良になり、筋肉の中に乳酸やピルビン酸などの疲労物質や老廃物が溜まる
  3. 周囲の神経を刺激して、締め付けられるような痛みが発生する

 

緊張型頭痛の誘因

  • デスクワーク
  • 車の運転
  • 就寝時の合わない枕により長時間同じ姿勢を続ける
  • 体の冷え
  • 寝不足
  • 過度な緊張
  • 精神的なストレス など

 

首や肩、背中の筋肉が収縮し、血行不良になることで、頭痛を誘発します。

毎日のように神経の緊張状態が続くと、脳に備わっている『痛みのコントロール機能』が低下して、筋肉が緊張していなくても頭痛が起こるようになることもあります。

 

緊張型頭痛の緩和方法

  • 筋肉を温める、ほぐす
  • 薬を飲む
  • 精神的ストレスが誘因となっている場合には抗うつ薬や抗不安薬を用いる
  • 首や肩の筋肉がこっている場合は、筋弛緩薬(筋肉の収縮を弱める薬)などを用いる

 

緊張型頭痛の予防方法

  • 長時間同じ姿勢を続けない
  • ストレスの原因を取り除く
  • 中程度の運動をする
  • 体を冷やさない服装をする
  • 筋肉量を増やして体温を上げる

 

②片頭痛

20代から40代の女性に特に多くみられます。

月に1、2度~週に1、2度の頻度(間欠的)に起こる『片頭痛』と、頭痛薬の継続的な服用により招く場合がある『慢性片頭痛』があります。

 

片頭痛の主な症状は、ズキンズキン・ガンガンと脈打つような強い痛みがあり、頭や体を動かすと、痛みが強まります。

三叉神経からの情報が大脳に伝わる途中で視覚や聴覚、嗅覚を司る中枢(後頭葉、側頭葉)や、吐き気をコントロールする嘔吐中枢にも刺激が伝わり、光や音、においに敏感になったり、吐き気や嘔吐の症状を伴います。

 

約20~30%の割合で、手足の感覚が鈍くなる『感覚異常』、言葉が話しにくくなる『失語性言語障害』、視野の中でチカチカと光る『閃輝暗点(せんきあんてん)』などの前兆があらわれるといわれています。

 

片頭痛が起こるしくみ

  1. 誘発要因により、脳の太い血管が拡張すると、その周囲を取り巻いている頭の中で一番大きな神経『三叉神経』が圧迫され、刺激を受ける
  2. 刺激を受けた三叉神経からは神経ペプチドとよばれる『痛みの原因となる物質』が放出され、血管の周りに炎症が起こる
  3. さらに、血管が拡張して、血管周囲に炎症が起こったり、周りの三叉神経が刺激される
  4. 大脳に伝わり、痛みとして認識される

 

また、血管が拡張する原因のひとつに『セロトニンの過剰な放出』考えられています。

過度のストレスにより脳が刺激を受けると、血液成分のひとつ『血小板』から血管を収縮させる作用をもつ『セロトニン』が大量に放出され、脳の血管が収縮します。

その後、時間の経過とともにセロトニンが分解・排泄されて減少すると、収縮していた血管が今度は反動で急激に拡がることで、頭痛が起こるというものです。

頭痛が長引くと刺激がさらに刺激を呼ぶといった悪循環に陥ってしまうことから、痛みが軽いうちに、早めに対処することが大切です。

 

片頭痛の誘因

  • 精神的ストレスからの解放
  • 月経やピルなどによる女性ホルモン分泌量の変動
  • 遺伝
  • アルコールや特定の食べ物
  • 光や香りなどの環境状態
  • 天候の変化や温度差
  • 空腹
  • 寝すぎ、寝不足 など

 

片頭痛の緩和方法

  • こめかみを押さえる
  • こめかみを冷やす
  • 痛む部分を冷やす
  • 静かな部屋で横になって休むようにする
  • 痛みが悪化するため、動かないようにする
  • 入浴、運動、マッサージは控える など

 

片頭痛の予防方法

  • 片頭痛が起こる要因を把握して、避けるようにする
  • マグネシウム(アーモンド・ひじきなど)を摂る
  • ビタミンB2(レバー・ウナギ・牛乳・卵など)を摂る
  • 市販薬を常用しない

 

・混合タイプ(緊張型頭痛・片頭痛)

緊張型頭痛は筋肉が収縮することで起こり、片頭痛は血管が拡張することで起こります。

緊張型頭痛と片頭痛の両方を頻繁に起こす人もいます。

それぞれの症状の特徴を知り、それに合った対応をするようにしましょう。

 

③群発頭痛

割合は20~40歳代の男性に多く、患者の数は少ないため、まれなタイプです。

 

目の奥や周囲の痛み、奥がえぐられるような激痛があらわれ、上あごのあたりや頭の片側へと拡がり、瞳孔が開く、瞳孔が小さくなる、目が充血する、涙が出る、鼻水が出るなどの症状を伴います。

 

 

群発頭痛が起こるしくみ

  1. 飲酒・喫煙・血圧の変化
  2. 血管が拡張し、炎症を起こす

 

群発頭痛の誘因

  • アルコール
  • タバコ
  • 気圧の急激な変化 など

 

群発頭痛の緩和方法(頭痛が起こりそうになったら行なう)

  • 頭や目のまわりを冷やす
  • 深呼吸をする
  • お風呂に浸からずシャワーで済ませる

 

群発頭痛の予防方法

  • 専門医を受診
  • 禁酒
  • 禁煙
  • 睡眠不足の状態にならないこと
  • 規則正しい生活リズムをつくる
  • 暗い所でテレビ・パソコン・スマホを見ない
  • 群発期は飛行機、登山、高層ビルを避ける

スポンサードリンク



3.二次性頭痛の原因とは?

頭痛の原因となる主な病気

  • くも膜下出血
  • 脳出血
  • 感染症(髄膜炎)
  • 脳腫瘍
  • 脳動脈解離
  • 慢性硬膜下血腫

これまで経験したことのない強い頭痛や、手足の麻痺やしびれ・けいれん発作、嘔吐、高熱などを伴う場合はすぐに病院へ行く必要があります。

 

くも膜下出血

  • 脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)の破裂などによって血管が破れ、脳を覆うくも膜と軟膜のすき間に血液があふれてしまう病気
  • 激しい頭痛と、嘔吐、けいれんなどを伴い、意識を失うこともある

 

脳出血

  • 脳の動脈が破れて脳の中に出血し、血液のかたまりができて脳を内側から圧迫する
  • 頭痛は徐々にひどくなり、吐き気や嘔吐、顔や手足の麻痺やしびれなど、神経症状を伴う

 

感染症(髄膜炎)

  • 後頭部が強く痛んで首すじが硬直し、くも膜や軟膜に炎症が起こる病気
  • 吐き気や嘔吐、高熱を伴い、体を動かしたり、頭を振ったりすると痛みが強まる

 

脳腫瘍

  • 脳に腫瘍ができる病気
  • 脳内の圧力が高まることで頭痛が起こる
  • 頭全体あるいは一部に圧迫感や頭重感、鈍痛が続き、突然吐いたり、けいれんを伴う
  • とくに朝方の起床時に頭痛が強くなり、起床後しばらくすると軽減しますが、腫瘍が大きくなるにつれて、頭痛がひどくなる
  • 腫瘍のできた脳の部位によっては、視力が低下する、視野が狭くなる、物が二重に見えるといった視力障害や、手足に力が入らない、動かせないといった運動麻痺(まひ)、あるいは耳鳴りやめまいが伴う

 

脳動脈解離

  • 内膜、中膜、外膜の三層構造をしている動脈の壁のうち、内膜に生じた亀裂から血液が入り込んで、動脈の壁が裂けてしまう病気
  • 交通事故などの外傷や格闘技などのスポーツ、日常生活での何気ない動作などが原因となって起こり、うなじから後頭部にかけて急に痛くなる
  • 血管にこぶ(解離性脳動脈瘤)ができたり、血管の中が狭くなり、くも膜下出血や脳梗塞の原因となる

 

慢性硬膜下血腫

  • 頭蓋骨の内側にある脳を覆う硬膜とくも膜の間にじわじわと出血が起き、血のかたまりができた状態
  • 頭をぶつけた後などに起こり、歩行障害、手足の麻痺、物忘れなどの認知機能障害を伴い、首を振ると痛みがひどくなるのも特徴

 

4.足のだるさの原因とは?

足がだるい・重い原因

  1. 筋肉疲労
  2. リンパの流れの悪化
  3. 血行不良
  4. 病気・疾患 など

 

(1)筋肉疲労

激しいスポーツや体力仕事、家事など同じ動作を繰り返し行なうと、筋肉が疲れてだるさがあらわれます。

筋肉疲労には『肉体的筋肉疲労』と『精神的筋肉疲労』があります。

 

肉体的筋肉疲労の原因は諸説あり、『乳酸』が残ることで血行が悪くなる原因説や、ヒスタミン・セロトニン・ブラジキニンなどの『痛み物質』が、筋膜(きんまく)を刺激する原因説があります。

 

精神的筋肉疲労の原因は、仕事の悩みや、職場や家庭での人間関係などで心の悩みを抱えたり、乗り物での体勢や騒音など身体のストレスを感じることで、自律神経が乱れて血液の循環が悪くなったり、筋肉が緊張したりします。

 

筋肉は、使いすぎて傷むオーバーユースと、使わなすぎて硬くなるディスユースが大きな負担となります。

 

身体運動は様々な関節の組み合わせにより生じるため、筋肉の柔軟生を高めるため、関節の可動域を大きくするストレッチや軽い運動などを行ない、硬くなりにくい生活を送ることが大切です。

 

(2)リンパの流れの悪化

運動不足や筋力低下、リンパ浮腫などの疾患が原因でリンパの流れが悪くなり、老廃物(代謝産物)が溜まって、むくみやだるさがあらわれます。

リンパ管には、血管のように筋肉がついていないため、優しくなでたり、体の筋肉を動かして流れを促進させることが有効です。

 

(3)血行不良

激しい運動をしていなくても足のだるさを感じる場合は、むくみ、冷え、血行不良などにより、血液やリンパ液が停滞して、老廃物などが排出されない状態になっているためです。

 

筋力不足、運動不足、冷え、むくみ、下着・衣類の締め付け、長時間の同じ姿勢、貧血、低血圧、食生活の乱れ、水分不足、糖尿病・高血糖、高血圧、脂質異常症、動脈硬化、自律神経バランスの乱れ、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、喫煙・受動喫煙など、さまざまな原因によって血行不良になります。

 

(4)病気・疾患

足のだるさが一時的なものではなく、長く続いたり、痛みや腫れがあるときは、疾患が原因である可能性があります。

 

下肢静脈瘤

  • 血液が逆流しないように備わっている静脈弁が、なんらかの原因で壊れることで、老廃物を含んだ血液が溜まり、こぶのような腫れを引き起こす疾患
  • 血管が浮き上がって見えるような状態で、痛みや足がつったような症状

 

糖尿病腎症

  • 糖尿病腎症とは、糖尿病から起こる合併症で、糖尿病の進行とともに、徐々に腎臓や毛細血管の働きが低下して、ろ過機能が働きにくくなることで、体内の不要な水分が排出されずに溜まり、足のむくみやだるさを感じやすくなる

 

動脈硬化や高血圧、高血糖、脂質異常症など、血液や血管の質の低下は、自覚症状がほぼ無いため、定期的な健康診断などにより検査をして食事や運動を行ない正常値を保つことが重要です。

 

5.頭痛と足のだるさの予防・改善方法とは?

姿勢や自律神経の働きなどにより、血管の収縮・拡張することで頭痛を誘発する頭痛は、緊張型頭痛、片頭痛、二次性頭痛です。

食事や運動、生活習慣などで血管と血液の健康を保つこと、自律神経を整えることなどにより予防しましょう。

 

足のだるさも血行を促進し、むくみを改善すること老廃物が排出され改善されます。

 

食事

食生活では、塩分や糖分、脂質の多い食事を継続的に摂ることで高血圧や高血糖、脂質異常となるため、動脈硬化が急速に進行するなど、血管や血液の質が低下します。

血行促進する食べ物や飲み物を摂り、食べ過ぎをやめましょう。

食事や飲み物で体を一時的に温めることもできますが、体温の恒常性により、食べ物や飲み物だけでは冷え症の改善にはなりません。

 

運動

運動や筋力トレーニングにより、筋肉量を増やすことで体温を高め、冷え性を改善することで、筋肉の緊張状態が減るため頭痛予防に効果的です。

体を動かして血行不良を改善することが効果的で、『片頭痛が起きているとき』や『発熱を伴うとき』を除いて、ストレッチやマッサージ、運動で筋肉を動かす習慣を身につけましょう。

運動をすることで、血液中の糖や脂質を消費して、血液をサラサラに保ち、二次性頭痛の原因となる病気の予防につながります。

 

生活習慣

喫煙や過度の飲酒を控え、ストレスの原因を取り除く、長時間同じ姿勢を続けない、衣類での締め付けをしないなど、生活習慣での血液の停滞を予防します。

血液の循環を促すマッサージやツボ押し、足枕、足湯などのセルフケアが有効です。

 

病気の治療

心臓や、静脈弁の機能低下、肝臓や腎臓の病気によって、体液の循環不良になったり、体内の不要な水分が排出されずに溜まったりすることで、足のむくみやだるさを感じやすくなるため、治療を行ないましょう。

 

6.まとめ

足のだるさと頭痛は、体液の循環に影響されます。

さまざまな原因や誘因があるため、予防には原因を取り除くことが大切です。

 

市販薬は一時的には症状を軽くすることができますが、服用を繰り返すことで悪化することもあるため注意が必要です。

 

食事、運動、生活習慣、病気の治療、自律神経を整えることで血流を促しましょう。

 

↓こちらの記事もご覧ください

[足のだるさに効くお灸のツボとは?]

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です